ゴールデン カムイ 227。 【ゴールデンカムイ】最新話「第227話」ネタバレと感想【共犯】

227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

🤛 この「聖地」は宇佐美のイド。 尾形は、鶴見中尉が自分をたらしこもうとするのをうまく使っていた部分はありますが、やはり父親への恨みが原動力の一端にはなっていたと思うので、それをなくしてバランスを失った時があったと思います。

17
227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

⚐ 殺されたのはみんな川で砂金をとっていた者達ばかりとのこと。 このため、 宇佐美少年は智春に対して強いライバル心を抱いていました。 そう話す鶴見の後ろには、月島、宇佐美、鯉登、尾形の四人が描かれています。

4
227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

⚠ 「鯉登ニシパの方角から強く感じます」 驚愕の表情を浮かべる鯉登少尉。

227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

😄 私でも見当つきましたが、と冷静に突っ込む月島軍曹。 馬は知らせを聞き怒り狂った智春の父親によって撃ち殺されたそうですが、225話で宇佐美が死んだ馬を見下ろしていたのもきっとこの時のことを思い出していた…というか、馬を見るたびに度々殺しては思い出して悦んでいるのかもしれません。 とはいえ、現在の第七師団には、殺人に抵抗がない兵士が揃っています。

227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

🤜 その日の宇佐美は稽古に来たのではなく、ふらっと立ち寄っただけだったようです。 特別なのは、 「篤四郎さんと秘密を共有した出来事/場所」であることです。 そして今、第七師団ではいくつかの問題が発生しています。

227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

🖕 日清戦争を経て一つの確信を得ていました。 二階堂の義手の中には鯉登の手によって羊羹が詰められていたのでした。

17
227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

🐲 冷酷に無表情で敵兵を狙撃する尾形や、笑顔で殺人をする宇佐美などが代表格と言えます。 智春の父親は 陸軍第二師団のお偉いさん。 そんな中、義手が詰まっていて箸が出てこないと騒ぐ二階堂。

15
227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

🎇 兵士の攻撃性を引き出すのは、恐怖や敵兵への憎しみ、政治思想の違いなどでもない。

227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ 227 ゴールデン カムイ

☕ 兵士の攻撃性を生み出す原動力は敵兵への憎しみでも、恐怖でも、政治思想の違いでもないと言います。

19