マチルダ レオン。 『レオン』続編、ついに誕生!18年の時を経て『アバター』のゾーイ・サルダナがマチルダの遺伝子を引き継ぐニューヒロインを熱演!|シネマトゥデイ

レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

🤑 女性や子どもだろうと、人を殺すことに抵抗を持たない、サイコパシーとも言えそうな傾向のある人物です。 だからこそ未だに多くの解釈や議論が生まれる事で、作品を楽しむ余地が生まれ、新鮮な映画であり続けることができるのではないでしょうか。

レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

♥ ここで、『レオン』の原型となった作品、『ニキータ』について考えてみましょう。 完全版の『レオン』は、倫理観が崩壊していますのでちょっと注意が必要。

14
レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

✊ 彼女はレオンの代わりに牛乳を買いに出かけます。 家に帰れば父親からひどい仕打ちを受けなければならず、閉塞感に包まれた毎日を送っていたことでしょう。 「大人になっても人生はつらいの?」と尋ねるマチルダに、レオンは「つらいさ」と答える。

2
レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

⚔ マチルダからレオンへの気持ちは映画でも比較的ダイレクトに描かれています。

レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

🐾 イタリア系移民の殺し屋をジャン・レノ、自身が唯一心を許す弟を殺され、復讐を誓う少女マチルダをナタリー・ポートマンがそれぞれ演じ、その演技や二人の独特かつ繊細な関係を描いたストーリーは、その後あまりに多くの映画やドラマに影響を与え、映画史に残る作品となりました。 () サイズによってまちまちですが、一株3,000~5,000円で販売されています。

15
レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

☢ 愛するという感情を腹痛という言葉で表したこの言葉は、印象的であるとともに共感できる人も時代にかかわらず多いのではないでしょうか。 一緒にいてワクワク、ドキドキしてしまうような行動と表情を見せてくれています。 性的な存在になることが怖かったから」と不快感を語っており、少女が性的対象として消費される問題を提起している。

19
レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

📲 その夜、レオンとマチルダは同じベッドで眠りについた。

8
レオン マチルダ レオン マチルダ レオン マチルダ

😩 ちなみにマチルダ、かなりの量を飲んで酔っぱらいます。 マチルダは殺害された弟の為に復讐心を持ちひょんな出会いからレオンと知り合いますが、なんとレオンは孤独な殺し屋という。