テオフィリン 中毒 症状。 喘息治療薬「テオフィリン」の大量服用は生命に危険が及ぶ急性中毒症を招く |健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

🤗 有効成分 コデインリン酸塩水和物、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、テオフィリン、グアヤコールスルホン酸カリウム、クロルフェニラミンマレイン酸塩 効果・効能 咳、痰 おわりに テオフィリンは、主に気管支喘息の予防・治療薬として、幅広い年代で処方される薬です。 保護者の方はお子様の状態を十分に観察して、発熱や異常がみられた場合には、すみやかに担当の医師・薬剤師に相談してください。 しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

✍ 多い副作用としては、悪心・嘔吐などの胃腸症状や、興奮・食欲不振・下痢・不眠などが挙げられます。

14
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

😋 喘息発作に対し予防的に長期投与する場合と発作時に緊急投与する 場合がある。 向精神薬は服用しなかった。 シメチジン、 メキシレチン塩酸塩、 プロパフェノン塩酸塩、 アミオダロン塩酸塩、 エノキサシン水和物、 ピペミド酸水和物、 塩酸シプロフロキサシン、 ノルフロキサシン、 トスフロキサシントシル酸塩水和物、 パズフロキサシンメシル酸塩、 プルリフロキサシン、 エリスロマイシン、 クラリスロマイシン、 ロキシスロマイシン、 チアベンダゾール、 チクロピジン塩酸塩、 ベラパミル塩酸塩、 ジルチアゼム塩酸塩、 フルボキサミンマレイン酸塩、 フルコナゾール、 ジスルフィラム、 デフェラシロクス テオフィリンの中毒症状があらわれることがある。

中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

⚑ 使用するかどうかは、医師と相談して決めていくようにしましょう。 * * テオフィリンの血中濃度が一定になるのは約3日です。

9
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

👈 キサンチン誘導体に分類される。

4
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

💔 テオフィリンの血中濃度をあげるお薬としては、• 気管支喘息で治療中の患者がテオフィリン製剤を大量服用 28歳女性。 精神神経系 神経過敏、不眠、頭痛、不安、めまい、しびれなどがあらわれることがあります。 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 薬物が効果を示すには、ある程度の濃度が必要で、濃度が高くなると、副作用が多くなり、濃度が低いと効果がない。

12
中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン 中毒 症状 テオフィリン

💔なお、「テオフィリン」といっても実際に手にするのは商品名です。 テオドールには、以下の4種類の製品が発売されています 括弧内は200mgあたりの薬価 3。

8